バスのおすすめの席

バスのおすすめの席について

バスの席を選ぶときのおすすめ

バスに乗る機会はツアー旅行や社員旅行、遠足や修学旅行のときなどにあると思いますが、どこに座るのがいいのか迷ってしまうことはありませんか?実はその席選びひとつで快適な旅行ができるかどうか決まってしまうのです。バスの席でおすすめの場所は、ズバリ真ん中付近の場所なのです。その理由は、前方や後方のタイヤの付近はどうしても道路からの衝撃を受けやすいのでおすすめできません。窓側か通路側かはお好みで良いですが一番安定している真ん中付近は道路状況による揺れの影響を一番受けにくいので、選べるのでしたら真ん中付近を選ぶのがいいでしょう。

バスの席でおすすめなのはどこ?

移動に便利な長距離バスを利用する時座る位置を気にしていますか?実は座る位置によって乗り心地が変わってきます。睡眠を確保したい場合にはぜひ考慮したいところです。バスは後部の方にエンジンがあります。エンジン上部の席はどうしても他に比べて温度が高くなる傾向にあります。そのかわり、前方は冷える傾向にあります。暑がりな方は前方を、寒がりな方は後方を選ぶと良いでしょう。また、タイヤの真上にある席は揺れが伝わります。前方のタイヤは一番前もしくは二列目、後方のタイヤは後ろから三~四列目あたりにあるので振動の気になる方はそれらを避けた中間あたりがおすすめです。

↑PAGE TOP